展示のこと

おつかれさまは水餃子

おわったーおわったーおわったー。 つかれたーつかれたつかれたー。 展示最終日無事に迎えられてよかった。もう、とにかく、いろーんな関係各社の皆様、ありがとうございました。お疲れ様でした。出会えてよかった。 新宿丸井という大資本の下、スタバ帰りの…

それを愛と呼ぶことにしよう

いつもそうだ。 展示やイベント事の前の日は眠るのを拒否してしまう。 その結果、大事な初日に半ばフラフラになりながら「ああ、ちゃんと眠っておけばよかった」と後悔することになるのは、もう何度と繰り返していて分かっているはずなのに。それでもやって…

あの日にかえる

27才の時に施設に入ってから20年もの間、ずっと肌身離さず持ち続けていた写真。 そこには両親の姿や、両親と行った旅行先の景色なんかが写っている。 朝起きた時、夕食後のほっと一息した時など、ずっとその写真を触って見つめながら楽しそうに過ごしていた…

BADGOOD

やっとこさ個展の告知ができた。 「BADGOOD」 "バッドグッド" もしくは、"ビーエーディージーオーオーディー"でもよし。 これは単に言葉で発するときのリズムがいい感じだったので採用。 まあどちらにせよ大きな意味はなくて、ある時ふと思い浮かんだもの。 …

絵の中の展覧会。

こんにちはこんばんは。近藤です。 今日は、大学2年生の時に行った個展『絵の中の展覧会。』について書きます。 こちらの人生初個展から1年後。 静岡県島田市にあるHAPPY FARM GALLERYというところで展示をしました。 ギャラリー前にて。 1年目の反省点を踏…

ピーター・ドイグのへんな空

こんにちはこんばんは。近藤です。 東京国立近代美術館で現在開催中の『ピーター・ドイグ展』を観てきました。 大学生の時に図書館にこもって画集を漁っていた時にドイグの画集を見つけて、確かその時はスタジオフィルムクラブのポスター集だったんだけど、…

Junkle

こんにちはこんばんは。 自粛期間がなんとなく終え、美術館や博物館が展示を再開していて(東京国立近代美術館のピーター・ドイグ展をはやく観たい!)、個人での制作発表の場もいろんなところで散見されているので、これから徐々に時代を振り返りながらの文…

明るい街

こんにちはこんばんは。近藤です。 「アタミアートウィーク〜2015〜街と人の隙間をめぐる体温〜」にて、 熱海市内にある使われなくなったスナックで展示したときの一枚。 夜通しこの場所に泊まりこんでコピー用紙に一人書き続けた。 アートにも熱海にもスナ…

フリマテン

こんにちはこんばんは。近藤です。 今日は前回の記事の最後に予告した「フリマテン」という企画についてです。 まず最初に「フリマテン」とは、 「フリー」+「マーケット」+「展覧会」を組み合わせた造語です。 ”作品を作るだけではなく、それを観る人や買…

キッチューマウス

こんにちはこんばんは。近藤です。 こうして家の中にいる日々が続くと、さして話題もなく、だとすると書いていて気持ちがいいのは過去の思い出話だったりして。 ということで今日は、6年前の2014年に静岡県御殿場市で行われた『御殿場アートクラフト』という…

そしておやすみなさい!

以前に「やるよー」と言って時間が経過しているそれぞれの展覧会タイトルについて、その言葉を選んだ理由のメモ。 「めのまどあけろ」 谷川俊太郎さんと長新太さんによる絵本。 ある日立ち寄った古本屋の300円均一の木箱の中にあって、タイトル見てすぐに購…

hollow me

こんな遅い時間に更新。 ここ2ヶ月ほど眠れない日が多くて困る、、 そんな中思い返すと、2年前にやった個展の文章が気に入っている。 タイトルの「hollow me」てのもいいの付けたなあと自画自賛。 空っぽな自分、フォロミー、そこにゆら帝の歌詞。。 無名な…

グループ展

東京藝術大学と武蔵野美術大学の学生がグループ展をやっていた。家の近くのレンタルスペースで。 そこは普段、着物の展示販売や、書道教室に通う年配の人らの発表の場として機能している印象があった。 だから道沿いにデカデカと「美大生のグループ展!」と…

「岐路に咲く華」

佐野くんの個展に行ってきた。 佐野くんは大学生の時からの友達で、絵を描いている。人の顔を描いたり、仏を描いたり、最近は華(花)を描いたりしている。(実際にはもっと、言葉では定義できない色々なものを表現しているけど、あえて簡単に言う。) 静岡に住…